HOME > 遺言作成サービス

遺言作成サービス

遺言書の作成をお勧めいたします。

遺言書の作成をお勧めいたします。のイメージ

相続が起きたときの悲しい出来事は、残された相続人の間で争いが起きてしまうことではないでしょうか?あんなに仲が良かった親族が、相続をきっかけに不仲になってしまう原因の一つが遺産の分割にあります。
亡くなられた故人の財産の分割時に、相続人の中には態度を大きく変える人もいます。
遺言書の作成によって相続人同士での争いを未然に防ぐことができます。
遺言は相続において最も優先されることになりますので、遺言書の作成により被相続人の相続財産を相続人にどのように分配するかを指示することができ、後々のトラブル防止に有効な手段となります。

また、法的には効力はありませんが、残された家族へのメッセージや葬式の方法などの「付言事項」を遺言に残すことによって、家族の幸せを願う思いを伝えることもできます。
遺言によって自分の財産の分割の最終意思をおこない、付言事項により家族への思いを残すことが、残された家族に対する、思いやりではないでしょうか。

遺言を残すことが必要なケース

遺言を残すことが必要なケースのイメージ

上記以外にも遺言を残すことが必要なケースは数多くあります。

遺言書の種類

遺言書には主に以下の3種類があります。

自筆証書遺言

遺言者自身が遺言の全文・日付を書き、署名・押印します。

公正証書遺言

証人2人以上の立ち合いのもとで、遺言者が内容を公証人に口述し、公証人がそれを筆記します。
遺言者・証人が自署名押印した後、最後に公証人が署名押印をします。

秘密証書遺言

遺言者が遺言書を書いて署名押印し、その遺言書を封印します。
遺言書を公証人と証人2人の前に提出して、遺言者・証人・公証人が各自署名押印します。

上記のメリット・デメリットを考慮すると当事務所では公正証書遺言がおすすめしております。
なお、自筆証書遺言・秘密証書遺言もご相談に応じます。

税理士法人K&K JAPANの遺言書作成サポート

税理士法人K&K JAPANの遺言書作成サポートのイメージ

遺言書作成をサポートする専門家も数多くいます。しかし、サポート内容や報酬にばらつきが多く迷われる方も多いと思われます。
それぞれに長所、短所があります。

信託銀行

実際の業務は弁護等に委託する場合が多く、報酬もかなり高額となる。
特に相続が発生した後の遺言執行報酬が高額になる場合が多い。

弁護士

法務の専門家のため、分割方法や、遺留分等のアドバイスを受けることできる半面、税務面では手薄になる場合が多く、報酬も高額となる場合が多い。

司法書士・行政書士

法務面のアドバイスを受けることができ比較的報酬も安く抑えられるが、税務面でのアドバイスが受けられない。

当税理士法人では、弁護士、司法書士、行政書士等の専門家と提携をしており、遺言書の作成・保管・遺言執行まで全てをワンストップで行うことができます。

相続専門チームによるきめ細やか税務面でのアドバイスと弁護士等のネットワークを活用した法務面でのサポートを提供でき、且つ、低価格にてご案内できます。
また、K&K行政書士法人にて遺言執行サービスもおこなっております。