HOME > 生前対策 > 小規模宅地等の特例

生前対策|小規模宅地等の特例


小規模宅地等の特例とは
被相続人が生前、居住用・事業用として活用していた宅地等については、
一定の要件を満たすと土地の評価額を大きく減額する事ができます。
土地はただ持っているだけでは相続対策としては不十分となってしまいます。

※被相続人等とは、被相続人及び被相続人と生計を一にする親族を指します。

 




小規模宅地等の特例の活用

その1  小規模宅地等の特例を活用
評価額1億円の土地(240㎡)に、居住用の住宅(3千万円)を建設

* 平成27年より居住用宅地の限度面積の上限が330㎡に拡充されます。

 

その2  賃貸物件の場合の小規模宅地等の特例を活用

評価額6千万円の土地(200㎡)に、マンション(1億円)を建設

 

小規模宅地等の特例の適用可否判定や、小規模宅地等の特例の適用のためのアドバイスを行います。