HOME > 生前対策 > 不動産の有効活用

生前対策|不動産の有効活用

一般的に相続財産に占める不動産(特に土地)の割合は著しく高くなっております。
相続対策のみを重点的に考えた場合、得てして資産価値の減少を招く恐れがあります。
弊社では、相続対策や事業承継を前提にしながらも資産価値の向上にも考慮した
多角的な提案を実施しております。

広大地戦略

広大地の可能性を検討し、相続税の試算や、広大地を活用した土地活用を提案します。
無道路地、宅地化が難しい市街地山林等の対策無道路地や囲堯地の事前対策として、
不動産の売却や交換等の提案を行います。投資不動産建築に伴うファイナンシャルプラン作成、
賃貸マンション等の建築の効果を相続税、所得税、キャッシュフローの観点から有効性を
判定いたします。

共有不動産の交換等の提案

財産の共有相続は、時の経過とともに多くのトラブルを生じる可能性があります。
所有不動産の共有持ち分の解消として他の不動産との交換提案や共有持ち分を避けるための
不動産分割案を提案いたします。

借地・底地の整理業務

借地・底地は相続税評価額と、実際の市場での流通価格(時価)との乖離が見られます。
借地・底地の問題点やリスクを抽出し、どのような対策をとるべきかを検討いたします。

売却不動産の仲介

複数の提携業者の紹介により、売却希望不動産の見積もり額の提示をいたします。
*上記業務あ提携業者への依頼により行う場合があります。

タワーマンションの購入

タワーマンションは低層階に比べ、高層階の方が購入金額が高くなっています。
しかし、固定資産税評価額は高層階でも低層階でも金額は同じです。
この差額を利用し、相続財産を圧縮することが可能です。

収益性や資産価値の下落のリスクを判断し、よりよいタワーマンションのご紹介や購入後のシミュレーション等のご提案を行います。


不動産の法人化

不動産管理会社や不動産所有会社を作ることで、節税を図ることが可能です

不動産管理会社の設立

 

不動産所有会社の設立