HOME > サービスの流れ

サービスの流れ

サービスの流れ

遺産分割協議とは

相続人が複数いる場合は、相続人全員で話し合いをして、
「この財産は誰が相続するか」を決めることになります。
この話し合いのことを「遺産分割協議」といいます。
また、その結果を書面にしたものを「遺産分割協議書」
といいます。
各種の手続きを行うためには遺産分割協議書が必要です。
遺産分割協議が成立すると、その財産は相続開始(被相続人の死亡)
の時にさかのぼって、各相続人の財産であったことになります。

遺産分割協議の方法

 遺産分割協議とは、各相続人に対する遺産の具体的な配分方法を協議することをいいます。
 遺産分割協議の一番大事な要件は、相続人全員の同意を得なければならないことです。
 つまり一人でも反対する人がいれば、遺産分割協議は成立せず、相続財産は相続人間の
共有状態のままということになります。

スムーズな相続サービスの流れ(遺産分割が調わない時は・・)

 相続人間で分割協議が調わない時は、いきなり裁判をするのではなく、家庭裁判所に
遺産分割の調停の申し立てを行います。 裁判所に間に入ってもらい、話し合いにより
解決をします。

スムーズな相続サービスの流れ(遺産分割調停も不成立の時は・・)

 家庭裁判所の家事裁判官が相続人との話し合いを行わず、職権によりさまざまな調査を
行った上で、遺産分割の内容を決定します。
 従って審判の場合は強制的に遺産分割を行われます。

遺産分割協議の作成

話し合いで遺産分割協議がまとまったら、遺産分割協議書にてその内容を書面に残すことが
大事です。銀行等の機関では、自分達で作成した遺産分割協議書で足りる場合もありますが、
各機関固有の書類に相続人全員の署名押印を求められることもあるので、注意が必要です。
遺産分割協議書には決められた様式はありません。
しかし、最低限クリアしなければいけない事項はあります。